とんちんかんソフト


導体抵抗

 ソフト【導体抵抗】を紹介します。
 このソフトは丸棒や矩形ブスバーのほか電線・ケーブルの抵抗も近似計算できます。
 また、直流、交流、任意温度、任意周波数に対応するなど簡単ながら自由度を高めています。

【導体抵抗】の用途と特徴
用 途  導体の抵抗計算 
 適用範囲

条件
 
 金属導体(材質は任意)の直流および交流抵抗計算
 電線・ケーブルの抵抗近似計算(公称断面積入力)
 矩形または丸棒バスバーの抵抗計算(導体断面寸法入力)
 銅、アルミ以外の材質は % 導電率および抵抗温度係数入力条件
入力の簡素化
ミス排除 
対話型に近いユーザーフォーム入力
入力注意事項の主な点は入力フォームに表示
 入力ミスを極力排除(例えば寸法に 0 以下入力はメッセージを返すなど)
実用性重視      直流抵抗の他交流抵抗も出力
 交流抵抗は50、60Hzの他、任意周波数の抵抗も計算可能
 抵抗値は20℃の他、任意温度での値も出力(直流、交流共)
 表皮係数の値も出力
 計算式も表示するため入出力値の代入から電卓による確認も可能

    電線・ケーブルの素線は軟銅線を基本にしています。錫めっき線などの場合は入力時に % 導電率を入力補正してください。
 
   補正しない場合は円形圧縮導体のCVT特性に概ね近似しています。

画面

技術説明

 抵抗計算式は広く知られておりますが、出力シートに計算式も表示しました。
 なお、導体の表皮係数は日本配電制御システム工業会の技術資料【配電盤類における短絡電流】を参考にさせていただきました。
 (資料内に掲載されているアルコア社のグラフ)

動作環境

OS
Windows Vista 〜 Windows 7
     (未確認ですが Windows 2000 および Windows XP での動作も問題ないと思われます。)
Excel
Excel 2007(日本語版のみ)

Excelの設定でマクロを有効にする必要があります。

ダウンロード

   Excel 2007対応版
    teikou1.00.zip (83KB) 

ホーム