とんちんかんソフト


梁計算ソフト入力例

梁計算ソフトの入力フォームの一部を下に紹介します。

 Step  入力例  備考
 1  作業の選択 作業選択
  梁の種類は両端支持と片持 
 2  単位選択 単位選択
  左の6種類から選択 
 3  梁仕様入力 入力の順序はTabキーで
入力後Tabキーを押すと次の入力位置にカーソル移動

材質選択すれば縦弾性係数自動入力

I, Zを求めるボタンから梁断面仕様入力画面に変わる。
  →梁断面形状選択
  →断面寸法入力
  →I, Z値自動計算して左の画面に戻る
  (I, Z計算例のページを参照)

等分布荷重の自重は自動計算


集中荷重は最大8個まで入力可能
(位置 X は常に梁左端からの寸法)

荷重入力すればその値が下の図に表示
この例では3個の集中荷重
(荷重追加する場合は追加ボタン)
(但し必ず左側荷重から順に入力)

集中荷重入力後終了ボタンを押す

最後に下のOKボタンを押すと出力
  

 入力訂正  出力前の訂正  集中荷重の入力訂正
  ・ 荷重の値、位置変更
     上の図の梁図形欄の値をクリック
     (例1) W1の荷重値変更の場合 : W1=110をクリックして訂正できる
     (例2) W1の位置変更の場合   : X1=35をクリックして訂正できる
  ・ 削除:荷重の矢印(の形)をクリック
    (全ての集中荷重削除は全クリヤボタンで)
 ※上図下方の青文字コメント参照 
 出力後の訂正  入力補正ボタンから上記Step3の画面に簡単に戻れる

ホーム | 梁計算ソフト"Hari" | I, Z計算例 | 出力例